2019年01月16日

Japaaan

ウェヴマガジン Japaaan にて「水玉椿」を取り上げていただきました。
とても嬉しいです。ありがとうございます!


CB8A0785-04F1-4916-85F3-D33B44A34493.jpeg

以前、私の作品についてもとても素敵に書いてくださいました。
モグラのように昼も夜もわからず描き続け…「幸せってなんだっけ?」と自問する絵描きの日々に、大袈裟でなく「生きてて良かった」…と思わせてくれるひと時です。

さて、着物です。
京朋さんの希望+私の譲れないポイントから出発し、アンティーク着物好きの私視点から、まだ派手派手な着物を着るには勇気の出ない初心者さんに着やすく、ド派手な柄を着こなす玄人さんにも「これなら許す」と思ってもらえるものを…と考えてデザインしたのですが。

今まで(今も)未知の連続で作ることのみに精一杯でそれより先まで想像する余裕がありませんでした。やっと「着る物」として考えられるようになってきた感じです。
しかし私の思考は二次元まで…果たして自分似合うのだろうか?

万が一にも現実世界でこの着物をお召しになってくださる方があらしゃいましたならば、もう畏れ多くて私の心臓は緊張のあまり止まってしまいます候。。。

自分にとって初めてというものは、進む先全てが不確かで不安でドキドキが止まらないものですね。
良いものが作れますように。毎日祈ってしまいます。
posted by mikikatoh at 22:19| 着物

2018年12月29日

「水玉椿」マス見本

「水玉椿」のマス見本(染め見本)が年末になり、やっと求めていた色になって来ました!

着物の染料は、蒸すことで発色&定着します。
蒸し時間やその日の天候でも微妙に色が変わるそうで、蒸し器の入れ替えもあった為、毎回かなり色が揺らいでいたのですが…やっと安定したようです!

かつて京都の着物製造は巨大産業だった為、今もすべての工程が分業で別の工場で行われています。
染める工場が染料の調合をがんばっても、別の工場での作業が安定しないと同じ色が出せないというわけです。
これは本当に難しいことです。

マス見本が届くたびに、眉間に皺を寄せ「どうしたものか…」と悩んでいましたが、やっと着たいと思える着物になりました!
まだ気になる色や見せられない状態のモノもあったりしますが、年末ギリギリ本当にホッとしました。
ありがとうございます!!

iPhoneでの撮影で上手く撮れていませんが…

小鳥ちゃん達こんなに愛おしくなりましたよ。絹の柔らかさが気持ち良いです。

E470E43F-844E-4EAC-BF60-A4357823CB49.jpeg

小鳥さん帯、色展開。

8AC07B7E-F882-419F-9D42-F709B677051C.jpeg

椿の着物。白部分が少しマットでシルク印刷のようになっています。色が淡く柔らかいのですが、この質感の違いがあるので椿に存在感が出ています。

50E52D6B-A0AA-4543-913F-F92E4898B17A.jpeg

シマシマの帯と薔薇の帯。
青の色が出なくて出なくて…青が全部紫になってしまっていたので「青が青い!(感涙)」と胸がいっぱい。

9A268029-9753-4A08-9ED5-14F4920D47E0.jpeg

薔薇の着物と、椿の羽織は今もまだ試行錯誤中です。

11月の京都にて、着物を染めてくださっている工場さん。
一反の布を貼り、柄を1つ飛ばしながら染めていくのだそうです。全く悩む事なく機械のような手さばきで染めていて、すごかったです。

DAB07DB6-6E5C-446E-A1DB-FFBA410A97A7.jpeg

79B8264C-FDE7-4E15-ACD9-1311880EB199.jpeg

6463CBCD-E972-43BD-951B-452986D73A83.jpeg

着物の制作は普通のお仕事とは全然違っていました。内容や時間の感覚や様々な事が…想像を超える大変さでした(笑)

まず、着物のデザイン画を描き、京都が背景の絵も描く約束だったので絵の下絵(ラフ)を描き、ブランド名を決め…
と、ここまでを1ヶ月くらいで頑張りました(当初は半年早い発表予定だったので)。

それから、原寸の図案を描き、絵の原画を描き、色展開を考え、色見本チップを作り…

3月発表から9月発表に延期されましたが、マス見本が出るまで1ヶ月程必要なので色が違う度に焦りました。

9月に「水玉椿」発表があったので(京朋さんの年二回の大きな発表会)それに伴う色々なことがあり、メインビジュアルの絵を描き…(個人的にホームページのリニューアルもしたので、水玉椿ページも作りました。)
この時には現物をお見せできない状態で「大丈夫かな?」と心配していました(汗)

そんなこんなで、悩みながらずっと作業し続けていましたので、「これ着たい!ときめく〜!」と思える日は、辿り着けない場所のように感じていました…
だから、まだ完成してないけど、わーい!わーい!

2018年も残るところ後少し。
「水玉椿」のご報告ができました事、とても嬉しく思っております。

今年は初めてのことが多い一年で、特別大変だったようにも思います。
沢山の方に助けていただき、手を差し伸べていただき、だからやりきれたのだと思っています。
応援してくださいました方々、本当にありがとうございました!
2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by mikikatoh at 23:00| 着物

2018年09月19日

着物ブランド「水玉椿」が誕生しました

kimono_01.jpg

京都の着物メーカーである株式会社京朋さんから、私のデザインする着物ブランド「水玉椿(みずたまつばき)」が誕生しました。
本日9/19から21まで、京都では問屋さんを招いた京朋さんの展示会「新朋展」が行われております。
実際に着物が小売店で販売されるのは年末か来年になるかと思います。

詳しい着物情報はこちら
私のWEB内 水玉椿ページ
https://mikikatoh.com/news/kimono.html
京朋 水玉椿特設サイト
http://kimono-kyoho.co.jp/mizutamatsubaki

私自身アンティーク着物が大好きなので、作品の人物に好みの着物を着せて描いてはいましたが、まさか実際に着る商品を作るとは夢にも思っていませんでした。
声をかけていただいた時には、夢って突然降ってくるのだな!と驚きました。

京朋さんにとっても初の試みとなるコラボ方法なので、思いがけない山や谷、紆余曲折があり…当初の予定より半年遅れてこの展示会での発表となりました。
水玉椿のロゴを制作してくださった田辺智子さん(田辺智子デザイン室)にも沢山助けていただきました。
みなさんが本当に一生懸命でいてくださり、心から感謝いたしております。

さて、私は絵描きということで、広告用の絵を4点描きました。
「水玉」「心」「光」という作品は京都のフォトジェニックスポットが背景となっています。
メインビジュアルである「水玉椿」という作品は、羽織の反物も着物として仕立てれば着物になりますよという、色々な組み合わせで楽しめることを絵で表現しました。
(水玉椿ページや「gallery」から見ることができます。)
これら4点の作品は、展示会ではタペストリーやPOPとして使用されています。もしかしたらどこかのお店でも使われるかも?

今現在、職人さんが正絹でマス見本を染めている最中です。印刷で言うところの色校正のようなものです。
商品になるまでには、まだまだ手間暇がかかるのですが、素敵な着物になりますよう私も頑張ります。
進展の様子など、またご報告いたしますね。
posted by mikikatoh at 00:10| 着物